製品紹介
HPLC装置

高圧切換六方バルブ(1連)/高圧切換六方バルブ(2連)

カラムスイッチング分析の必需品

種々のコンポーネントを組み合せることにより、多様な分析システムを構築できます。

低デッドボリュームスイッチング

独自の設計による低デッドボリューム構造を持つバルブヘッドを用いることにより、カラムスイッチング分析において時間の遅れや拡散による分離への影響等がほとんど無くなりました。(デッドボリューム0.8μL)

高圧切換六方バルブ(1連)/高圧切換六方バルブ(2連)

メタルフリー構造

接液部にPEEK樹脂を使用。
金属への吸着性の高いタンパク質や生理活性物質の分析に有効です。

プログラミング機能

簡単な操作でタイムプログラムが設定できます。
従来複雑な印象のあったカラムスイッチングを自動化出来ます。

多目的で複雑な流路にも最適

1連と2連を用意しています。分析用途に合わせて選択できます。

単独で使用可能

他社システムのスタート信号でも自己のもつプログラムを起動し、システム全体の一部として機能します。

スタンドアローンおよびPCコントロールに対応

特殊なコントローラー等を必要とせず、テンキー操作によるプログラム運転(スタンドアローン)が可能です。また、当社システムコントローラープログラム(PC)との通信機能標準装備。

高圧切換六方バルブ(1連)使用例

高圧切換六方バルブ(1連)とCAPCELL PAK MF(生体試料直接注入カラム)の組み合わせによるヒト血清中のジアゼパム自動分析

図1 ジアゼパムの分析

図1 ジアゼパムの分析

図1 ジアゼパムの分析

第一次分離(Ⓐ+Ⓑ)
カラム:
CAPCELL PAK MFカートリッジ
移動相:
100mmol/Lリン酸緩衝液/アセトニトリル=98/2,pH7.0
流量:
Ⓐ1.0mL/min
Ⓑ200μL/min
温度:
35℃
注入量:
80μl
第二次分離Ⓒ
カラム:
CAPCELL PAK C18 UG120
2.0mmφ×250mm
移動相:
100mmol/L リン酸緩衝液/アセトニトリル=50/50,pH7.0
流量:
200μL/min
温度:
35℃
検出:
UV 230nm

図1 ジアゼパムの分析

高圧切換六方バルブ(2連)使用例

低流量での正確なグラジエント曲線

高圧切換六方バルブ(2連)とCAPCELL PAK MF(生体試料直接注入カラム)と濃縮カラムの組み合わせによるマウス血清中漢方薬およびその代謝物の極微量分析(グラジエントシステム)

高圧切換六方バルブ(2連)使用例

低流量での正確なグラジエント曲線

提供:昭和薬科大学 田代眞一先生

洗浄システム

サンプルのキャリーオーバーを洗浄するためシステムに組み込むことも可能です。

洗浄システム

価格/仕様

製品番号 高圧切換六方バルブ(1連):3011
高圧切換六方バルブ(2連):3012
商品名 高圧切換六方バルブ(1連)/高圧切換六方バルブ(2連)
希望小売価格 3011:380,000円
3012:530,000円
方式 6ポート2ポジション高圧切換バルブ
バルブ数 3011:1連
3012:2連
耐圧 35 MPa
接液部材質 PEEK(ポリエーテルエーテルケトン), セラミック
制御モード (1)マニュアルによる制御
(2)自己プログラムによる制御(0.00~999.99 mim)
(3)外部入力による制御
(4)システムコントロールによる制御
電源 3011:AC 100 V, 50/60 Hz, 15 W
3012:AC 100 V, 50/60 Hz, 23 W
大きさ 120(W)×230(H)×492(D) mm
重量 3011:約8 kg
3012:約10 kg
ページの先頭へ戻る