製品紹介
HPLCカラム

スクレビード I/II

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

4級アンモニウムを結合した
糖分析用ポリマーカラム

パルス式電気化学検出器で糖類の高感度分析をお考えのあなたに、
2種類の強アニオン交換ポリマーカラムをお届けします。

糖は、単糖類・二糖類・多糖類等に分類されます。糖は、水に良く溶けますが、多くの異性体が存在し、分子量の幅も大きく、しかも発色団を持たないため、高感度分析が難しいとされています。

SUCREBEADは、パルス式電気化学検出器(PAD)による糖の高感度分析を実現するためのカラムです。糖の高感度分析にチャレンジされているあなたに、SUCREBEADとPADの組合せによる糖分析を提案いたします。

特長

強アルカリ条件下で糖をイオン交換モードで保持

SUCREBEAD は、スチレンジビニルベンゼン共重合体の担体に、4級アンモニウム基を結合したアニオン交換充填剤を充填した糖分析専用カラムです。

糖の水酸基は強アルカリ下では水素イオンを放出し酸として振舞います。アニオンとなった糖はイオン交換クロマトグラフィーで分離することが可能となります。

強アルカリ条件下で糖をイオン交換モードで保持

未修飾のままの糖を高感度検出

強アルカリ条件下で生ずるイオン化した糖骨格は電気化学活性を持ち特殊な配慮を施した電気化学検出器での検出が可能となります。SUCREBEADとパルス式電気化学検出器(PAD)の組合せで未修飾のまま高感度な糖分析が可能となります

未修飾のままの糖を高感度検出

未修飾のままの糖を高感度検出

糖の大きさで使い分け

SCREBEAD Ⅰは単糖・二糖の分離を、SUCREBEAD Ⅱは二糖・オリゴ糖・多糖の分離を得意としています。測定される糖の大きさでカラムをご選択いただけます。

図1単糖の分析例

図1 単糖の分析例

閉じる

図2多糖(イヌリン)の分析

図2 多糖(イヌリン)の分析

閉じる

物性値

SUCREBEAD Ⅱ

基材樹脂 粒子径
(μm)
交換容量
(meq/g)
官能基 使用pH
範囲
スチレンジビニル
ベンゼン共重合体
7 0.7 4級アンモニウム基 2.5〜14

SUCREBEAD Ⅰ

基本樹脂 粒子径
(μm)
交換容量
(meq/g)
官能基 使用pH
範囲
スチレンジビニル
ベンゼン共重合体
7 2 4級アンモニウム基 1〜14
ページの先頭へ戻る