製品紹介
HPLCカラム

カプセルパック SCX

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

ポリマーコートでロット間差の少ない
耐久性に優れたSCXカラム

塩基性化合物の分析に再現性を求められるあなたに、
イオン交換モードでの安定性をお届けします。

SCXカラムで、サンプルが吸着する、カラム寿命が短い、ロット間差が大きいなどお感じになられたことはありませんか? CAPCELL PAK SCXは、従来のシリカ系イオン交換カラムの問題点を一挙に解決したポリマーコート型カチオン交換カラムです。精密に分級された5μmの高純度シリカをシリコーンポリマーの薄膜でコーティングした上にスルホン酸基を導入しました。

特長

サンプルの吸着がありません

CAPCELL PAK SCXでは、高純度シリカを使用しているため、充填剤中の金属不純物が少なく、錯体形成による不可逆の吸着が認められません。

図1生体アミン類11種類の一斉分析

図1 生体アミン類11種類の一斉分析

N社

カラム:
4.6mmi.d.×250mm
移動相:
0.2M NaOAc+0.02M AcOH(pH5.61)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV254nm
試料:
生体アミン類11種(すべて500ppm)
参考文献:
Y.Ohtsu,Y.Shiojima,T.Okumura,J.Koyama,K.Nakamura,O.Nakata,K.Kimata and N.Tanaka,J,Chromatogr.,481(1987)147

図1 生体アミン類11種類の一斉分析

閉じる

耐久性に優れています

CAPCELL PAK SCXは、ポリマーコートを施しているため耐久性に優れています。

図2500時間連続通液による耐久性の比較

図2 500時間連続通液による耐久性の比較(スタートから5h)

図2 500時間連続通液による耐久性の比較(スタートから500h)

移動相:
0.2M NH4H2PO4(pH3.50)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV254nm
注入量:
10μL
試料:
①ウラシル(5ppm) ②チミン(5ppm) ③グアニン(15ppm)
④シトシン(30ppm) ⑤アデニン(15ppm)

閉じる

ロット再現性が良好です

SCXの製造においてばらつきが生じやすいスルホン化の工程を、ポリマーコート型のCAPCELL PAK SCXでは再現性の高い付加反応で行っているため、ロット間のばらつきを抑えることができます。

図3ロット安定性

図3 ロット安定性

移動相:
0.2M NH4H2PO4(pH3.50)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV254nm
注入量:
10μL
試料:
①ウラシル ②チミン ③グアニン
④シトシン ⑤アデニン

閉じる

C18カラムとは異なる分離パターンで塩基化合物を特異的に保持します

CAPCELL PAK SCXでは、イオン交換作用により塩基性化合物を特異的に保持する特長があるため、C18カラムとはまったく異なった分離パターンを示します。

図4イオン交換カラムによるイオン交換法と逆相系カラムによるイオンペア法との使い分け a)点眼薬

図4 イオン交換カラムによるイオン交換法と逆相系カラムによるイオンペア法との使い分け

カラム:
カプセルパック SCX UG80 4.6mmi.d.×250mm
移動相:
0.1M KH2PO4,CH3CN/H2O=20/80(pH3.00)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV210nm

図4 イオン交換カラムによるイオン交換法と逆相系カラムによるイオンペア法との使い分け

カラム:
カプセルパック C18 UG120 4.6mmi.d.×250mm
移動相:
10mM 1-オクタンスルホン酸ナトリウム,CH3CN/H2O=20/80(pH2.30)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV210nm

閉じる

図4b)水溶性ビタミン類

図4 b)水溶性ビタミン類

カラム:
カプセルパック SCX UG80
4.6mmi.d.×250mm
移動相:
0.2M KH2PO4(pH3.00)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV270nm

図4 b)水溶性ビタミン類

カラム:
カプセルパック C18 UG120
4.6mmi.d.×250mm
移動相:
10mM 1-オクタンスルホン酸ナトリウム,CH3CN/H2O=18/82(pH2.30)
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV270nm

図4 b)水溶性ビタミン類

閉じる

図4c)カチオン性界面活性剤

図4 c)カチオン性界面活性剤

カラム:
カプセルパック SCX UG80
4.6mmi.d.×250mm
移動相:
40mM NaClO4,
CH3OH/H2O=85/15
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV260nm
注入量:
10μL
試料:
制汗剤を4倍に希釈

図4 c)カチオン性界面活性剤

カラム:
カプセルパック C18 UG120
4.6mmi.d.×250mm
移動相:
10mM SDS,
CH3CN/H2O=78/22
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV260nm
注入量:
10μL
試料:
制汗剤を4倍に希釈

閉じる

物性値

官能基 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 密度
(µmol/m2
使用pH
範囲
USP
スルホン酸基 5 8 450 9 0.9 2~7 L9
ページの先頭へ戻る