製品紹介
HPLCカラム

プロテオナヴィ

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

プロテオナヴィ取扱説明書

このたびは、Proteonaviをお買い求めいただきありがとうございます。
Proteonaviは、多孔質球状シリカにブチル(C4)基を結合した高性能タンパク質・ペプチド分析専用カラムです。シリカゲル系充填剤のもつ高分離能、耐圧性に加え、耐酸性、タンパク質の吸着抑制等の特長を持つ充填剤です。

Proteonaviを長期間、安定してご使用いただくため、この取扱説明書をご熟読の上、正しくご使用いただきますようお願いいたします。

1.カラムの取扱い

  1. カラムに強いショックを与えると劣化の原因となりますので、丁寧に取り扱ってください。
  2. カラムの取りつけ取りはずしは、圧力計の指示(ポンプ圧力表示等)がゼロの状態で行ってください。
  3. カラムの最大使用圧は20MPaです。

2.カラムの取りつけ

  1. カラムのジョイントは外径1/16インチのチューブ用のメールナットタイプになっています。装置の配管ジョイントが正しく合っていることおよびフェラルの先のパイプがジョイントの奥まで入っていることを確かめてください(図1参照)。
  2. カラムを取りつける前に、装置配管内の液を使用する移動相に置換してください。
    ※カラム出荷時溶媒(カラムに同梱のカラムレポートに記載)をご確認の上、塩析などにご注意ください。
  3. カラムは、カラムラベルの矢印の方向に従って取りつけてください。

3.分析

3-1.移動相について

  1. 使用できる溶媒の種類は、一般のシリカ系化学結合型カラムで使用される溶媒と同じです。
  2. Proteonaviが使用できるpH範囲はpH2~10です。
    使用可能pH範囲は、保持時間と理論段数が早期に減少しないことを評価基準にしています。カラムの早期劣化を防ぐため、移動相のpHは上記範囲を超えないようにご注意ください。また、pHを大きく変更することは再現性の低下やカラムの早期劣化につながります。
    なお、有機溶媒含量が少ない、カラム温度が高い等の条件下では耐酸・耐アルカリ性が低くなります。
  3. 移動相はろ過(0.45μm以下のフィルター)し、不溶物やゴミ等を除去した後、脱気してください。
  4. 異物の混入によるカラムインレットフィルターの詰まりを防ぐため、ラインフィルターをご使用ください。
  5. 新品カラムには、同梱されるカラムレポートに示す溶媒が封入されています。塩を含む移動相を使用する場合は、塩が析出しないよう置換手順にご注意ください。
  6. 移動相にイオンペア剤などの界面活性剤を添加すると、カラム寿命が若干短くなります。
  7. 水系100%移動相を使用する場合、条件によっては寿命が極端に短くなることがあります。
  8. 一般的に次のような使用方法は、カラム劣化を招きますので避けてください。
    • 移動相pHの大幅かつ頻繁な変更
    • 15MPaを超えるカラム圧における連続使用、または、数MPaを超える急激かつ連続した圧力変化

3-2.試料溶液の調製について

  1. 試料はできるだけ移動相に溶解して分析してください。
  2. 試料溶液に溶出力の強い試料溶媒を使用すると、ピークがブロードになることがあります。
  3. 試料が移動相に溶け難い時、良溶媒に溶解した試料を注入するとカラム内で試料が析出し、カラム圧が急激に上昇することがありますのでご注意ください。
  4. 試料溶液のpHは、カラムの使用可能pH範囲を超えないように設定してください。

3-3.分析上の注意点

  1. ガードカラムは、メインカラムと同一の充填剤のものをご使用ください。
    異種充填剤や他社シリカ系化学結合型充填剤のガードカラムを使用すると、正常なピークが得られないことがあります。
  2. グラジエント分析終了時は、有機溶媒を多く含む移動相に置換して終了してください。保存については、4.カラムの保存をご参照ください。

4.カラムの保存

  1. 付属のプラグで密栓し、温度変化の小さい冷所に保存してください。
  2. 1週間以上の長期保存の場合は、アセトニトリルに置換してください。この際、塩析にはご注意ください。
  3. カラム洗浄には、水系100%溶媒は使用しないでください。

5.カラムの接続について

配管方法は図-1に従って行ってください。配管が不適切の場合、特に異種カラムに使用したチューブをそのまま使用される時は、フェラルより先の長さ(図-1のV)がエンドフィッティングの長さ(図-1のL)と異なることが多く、トラブルの原因となります。

L>Vの場合、デッドボリュームを生じ、ピークのブロードニング、テーリングが起こったり、分離が悪くなったりすることがあります。
L<Vの場合、フェラルが密着しないため、液モレを生じます。したがってカラムの交換と同時にフェラルを交換されることをおすすめします。

※頻繁にカラムの交換を行ったメールナットは、フェラルがつぶれて液モレを生じることがあります。このような場合に強くしめすぎると、ナットの頭部が切れる恐れがありますので早めにフェラルを交換してください。

図-1.カラムの接続

図-1.カラムの接続

Proteonaviは厳密な性能チェックの後出荷しています。万一不良がありました場合は、お手数ですが弊社もしくは販売代理店までご連絡ください。ただし、カラムの寿命に関する事項やこの取扱説明書に従わずご使用された場合は、保証の責を負いかねますのでご了承願います。
商品は、お受け取り後10日以上経過した場合、良品受領とさせていただきます。それ以降のお取替えはできかねますので、ご了承ください。

2008年9月16日

ページの先頭へ戻る