製品紹介
HPLCカラム

カプセルパックC18 MGII

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書
  • バリデーションシート

世界最高水準のシラノール基封鎖を
実現したC18カラム

極性化合物から疎水性化合物まで、多成分の一斉分析にも、これから分析を始められるあなたにもファーストチョイスカラムとしてご使用いただきたいカラムです!

中性条件下でも塩基性化合物分析

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

塩基性化合物のピーク形状にお困りになられたことはございませんか?
もしかしたら、あなたのサンプルも塩基性化合物ではありませんか?

MGIIでは、塩基性化合物のピーク形状にとって最も厳しい中性条件においても良好なピーク形状が得られるよう、最新の技術(Ultimate Polymer Coating)で世界最高水準のシラノール基の封鎖を実現しました。

また、充填剤の表面極性を高めに設計しているため、極性化合物から疎水性化合物まで幅広くご使用いただけるカラムとなっています。
資生堂カラムは、まず、この1本から!そのようなカラムに仕上がっています。
あなたのファーストチョイスカラムにおススメしたいCAPCELL PAK C18 MGIIです。

特長

極性化合物から疎水性化合物まで

C18カラムとしては、中程度の疎水性と極性を持ち、酸性・中性・塩基性の化合物,低極性から高極性化合物まで幅広く適用いただけます。また、MGIIでは、成績証明書に中性条件下アミトリプチリンの分析結果を掲載しております。あなたの目でシラノール基の影響をご確認いただけます。

資生堂カラムの疎水性と表面極性パラメーター

中性条件下でもシャープなピークで、あなたの分析の可能性が広がります

なぜ、私たちが、中性条件下での塩基性化合物分析にこだわったか?
薬物や生理活性物質、それらの多くは塩基性部位を持ちます。このような理由から製薬メーカーを始めとする多くのクロマトグラファーのみなさまより“塩基性化合物のピーク形状に優れたカラム”を強く求められるようになりました。

MGIIは、中性条件下での分析でもシャープなピークが得られるカラムとなっておりますので、塩基性化合物だからといって、もう、特別な分析条件を設定いただく必要はありません。あなたのやりたいコトをやりたい方法で実現してください。

なぜ・・・中性条件・・・?塩基性化合物・・・?

なぜ・・・中性条件・・・?塩基性化合物・・・?

閉じる

トライアングル特性(理論段数、テーリングファクター、圧力)No.1で使いやすさNo.1

あなたは、カラムを選択されるとき、どのようなことを気にされますか?
分離ができること、ピーク形状がよいこと、圧力が低いこと…ではないでしょうか?

これらのファクターを比較してみました。MGIIは、理論段数が高く、テーリングファクターが1前後、圧力が低く、3つの特性のバランスが最も優れたカラムです。
初めてHPLCを使用するあなたにも使いやすいカラムです。

図1揮発性の塩を用いた分析

図2 揮発性の塩を用いた分析

閉じる

MGII S3は高流速でハイスループット分析を効率的に!

5μmから3μmにすることで高理論段数となり、カラム長を短くすることで分析時間の短縮を図ることはもちろん、MGII S3では、通常流速の約2倍の流速で最大の理論段数が得られる設計となっているため、さらに流速を上げるだけで、あなたの分析のハイスループット化をさらに効率的に実現します!

図2ハイスループット分析用に設計された粒子径3µm

図2 ハイスループット分析用に設計された粒子径3µm

閉じる

すぐれた耐酸性・耐アルカリ性で幅広く

Ultimate Polymer Coatingにより、シリカの高分離を実現しつつ、使用pH範囲もpH2~10と幅広くご使用いただけます。

GLP/GMPサポートカラム

CAPCELL PAK C18 MGII(粒子径3µm、5µm)には、カラムとしての検定クロマトグラム(カラムレポート)の他に、GLP/GMPサポートカラムとして充填剤としての成績証明書をカラムに添付しております。

新規で分析条件を設定される際などは、「ロット違いの3本」とご用命ください。3ロット出荷で対応させていただきます。あなたの安心できる条件設定をサポートいたします。

物性値

官能基 粒子径
(µm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 密度
(µmol/m2
使用pH
範囲
USP
オクタデシル基 3 10 300 15 2.3 2~10 L1
オクタデシル基 5 10 260 15 2.7 2~10 L1
ページの先頭へ戻る