製品紹介
HPLCカラム

カプセルパックミクロカラム取扱説明書

  • カプセルパック取扱説明書
  • カプセルパックNH2取扱説明書
  • ミクロカラム取扱説明書

ミクロカラム取扱説明書

CAPCELL PAKは、多孔質球状シリカゲルを単一層のシリコーンポリマー薄膜でコーティングする技術とオクタデシル基(C18)等各種の官能基を結合させる技術から生み出された高性能充填剤を充填したカラムです。シリカゲル系充填剤のもつ高分離能、耐圧性とポリマー系充填剤のもつ耐久性、これらの長所を併せ持つ画期的な充填剤です。

CAPCELL PAKを長期間、安定してご使用いただくため、この取扱説明書をご熟読の上、正しくご使用いただきますようお願いいたします。

1.カラムの取扱い

  1. カラムに強いショックを与えると劣化の原因となりますので、丁寧に取扱ってください。
  2. カラムが曲がりやすいので、装置への取付け、取りはずしの際は充分ご注意ください。
  3. カラムの取り付け取りはずしは、圧力計の指示がゼロの状態で行ってください。
  4. カラムの最大使用圧は20MPaです。

2.カラムの取りつけ

  1. カラムのジョイントは外径1/32インチまたは外径1/16インチのチューブ用のメールナットタイプになっています。装置の配管ジョイントが正しく合っていることおよびフェラルの先のパイプがジョイントの奥まで入っていることを確かめてください(図-1参照)。
  2. カラムを取付ける前に、装置配管内の液を使用する移動相に置換してください。
    カラム出荷時溶媒(カラムに同梱のカラムレポートに記載)をご確認の上、塩析などにご注意ください。
  3. カラムは、カラムラベルの矢印の方向に従って取付けてください。

3.分析

3-1.移動相について

  1. 従来のシリカ化学結合型カラムに使用できる溶媒はすべて使用できます。
  2. カプセル型充填剤の使用可能なpH範囲は、結合基によりそれぞれ異なります。表-1に参考値を示します。 使用可能pH範囲は、保持時間と理論段数が早期に減少しないことを評価基準にしています。 カラムの早期劣化を防ぐため、移動相のpHは表-1の範囲を超えないようにご注意ください。また、pHを大きく変更することは再現性の低下、カラムの早期劣化につながります。 有機溶媒含量が少ない、カラム温度が高い等の条件下では、耐酸・耐アルカリ性が低くなります。

    表-1 各種カラムの使用可能pH

    結合基 C18 C8 NH2
    タイプ ACR MGⅡ
    MGⅢ
    MG
    UG
    AQ DD UG UG
    使用可能pH 1~10 2~10 2~9 1.5~10 2〜10 2〜8
  3. 移動相は十分脱気したのちメンブランフィルター(0.45µm以下)を通して、不溶物やゴミ等を除去してください。カラムインレットフィルターは2µmを使用しています。なお、異物によるカラムインレットフィルターのつまりを防ぐため、ラインフィルターを使用されることをおすすめします。
  4. 新品のカラムは、それぞれカラムレポートに示す移動相が封入されています。無機塩を含む移動相へ置換する場合は、析出しないように置換手順にご注意ください。
  5. AQ以外のC18カラムでの水系100%移動相の連用は、再現性の低下を招きます。
  6. 一般的に次のような使用方法はカラムを劣化させることになりますので避けてください。
    • 移動相の組成の頻繁な変更と相溶性の悪い移動相へのダイレクトな変更
    • カラム入口圧の急激な変化
    • 粘度の高い溶離液の使用による高いカラム圧
    • 長時間にわたる水の通液
    • AQの場合には無機塩を含む水系100%でもお使いいただけますが、使用可能pH限界付近では50vol%以上(pH9付近)あるいは10vol%以上(pH2付近)の有機溶媒を含む移動相をおすすめします。

3-2.試料溶液の調製について

  1. 試料はできるだけ溶離液と同一組成の溶媒に溶かしてください。
  2. 溶解力の強い溶媒を使用すると、分離能が低下したりカラム頭部で試料が析出したりしますのでご注意ください。
  3. 試料溶液中に不溶物が残っている場合は、フィルター(0.45µm以下)でろ過してください。
  4. 試料溶液のpHは、カラムの使用可能pH範囲を超えないように設定してください。

3-3.分析上の注意点

CAPCELL PAKの分離特性は基本的にシリカ結合型カラムと同じですが、対象成分によっては若干分離が異なることがあります。従来のカラムでは分離できないあるいは分離不十分な試料は、まず従来と同一の移動相からお試しください。

(1)C18,C8をご使用の場合
  1. ガードカラムは、メインカラムと同一の充填剤のものをご使用ください。
    異種充填剤や他社シリカゲル系化学結合型充填剤のガードカラムを使用すると、正常なピークが得られないことがあります。
  2. 中性領域でプロトン化している塩基性化合物を分析する場合、移動相中の緩衝液濃度が高いほど、有機溶媒含量が高いほど、温度が高いほど、ピーク形状が良好になります。
  3. 強酸性またはアルカリ性の移動相を使用した後は、塩基性化合物のピーク形状が悪くなることがあります。

4.カラムの保存

  1. 付属のプラグで密栓し、温度変化の小さい冷所に保存してください。
  2. 酸、アルカリ、または無機塩を含む移動相を使用した後1ヶ月以上の長期保存の場合は、これらを洗浄したのち出荷時の溶媒で置換して保存してください(カラムレポート参照)。
  3. 一ヵ月以上の長期保存をする場合は、塩が析出しない溶媒を通液後、出荷時溶媒に置換し、密栓をした状態で冷暗所にて保存してください。
  4. カラムの洗浄には、極力100%水は使用しないでください(3-1-6参照)。

5.カラム接続について

  1. ミクロカラムは、図-1に示すようなフィルターうめ込み式のエンドフィッティングを使用しています。フィルターのみの交換はできません。
  2. 配管方法は図-1に従って行ってください。配管が不適切の場合、特に異種カラムに使用したチューブをそのまま使用される時は、フェラルより先の長さ(図-1のV)が、エンドフィッティングの長さLと異なることが多く、トラブルの原因となります。
    L>Vの場合、デッドボリュームを生じ、ピークのブロードニング、テーリングが起こったり、分離が悪くなったりすることがあります。 L<Vの場合、フェラルが密着しないため、液もれを生じます。
    したがってカラムの交換と同時にフェラルを交換されることをおすすめします。
    ※頻繁にカラムの交換を行ったメールナットは、フェラルがつぶれて液モレを生じることがあります。このような場合に強く締めすぎると、ナットの頭部が切れるおそれがありますので早めにフェラルを交換してください。

図-1.カラムの接続

図-1.カラムの接続

7.トラブルと対策について

高速液体クロマトグラフによる測定時のトラブルには、さまざまな原因があり、そのすべてを列挙することは不可能ですので、ここではカラムおよびその周辺で比較的起こりやすいものを示します。

トラブルの現象 原因 対策
1.カラム圧の上昇 異物のつまり
1.移動相、サンプル溶液中のゴミ、不溶物
2.配管内の水あか
3.プランジャーシールの破片
4.サンプル成分の析出
・フィルターを超音波で洗浄する、または交換する
・移動相、サンプル溶液をあらかじめメンブランフィルターでろ過する
・ラインフィルターを装着する
・配管の清掃とプランジャーシールの交換
・移動相でサンプル溶液を調製する
2.ピーク割れ、テーリング、ブロードニング 1.カラムヘッドにボイド(空隙)が発生
2.配管ミスによるデッドボリュームの発生
3.移動相条件が不適切
・イオン抑制法:抑制不充分(サンプル量過多)
・イオンペア法:イオンペア剤の濃度不足(サンプル量過多)
4.カラムの劣化
※カラムが劣化したり、内部にチャネルが発生した場合、修復は不可能です。
・配管を外し再度接続する
・pH、塩濃度、サンプル量等の検討
・イオンペア剤濃度、pH、サンプル量等の検討
・検定用の標準溶液でカラム性能を確認
3.保持時間が遅くなった、あるいは安定しない 1.液モレ(ポンプの圧力メーターの動きで判断できます。)
2.移動相条件が不適切
3.カラムの安定化時間の不足
・ポンプ、配管系の液モレを調べる
・十分な安定化時間をとる
4.保持時間が早くなった 1.強酸やアルカリの使用による結合基の切断(劣化)
2.移動相条件が不適切
3.カラムの安定化時間の不足

・十分な安定化時間をとる

CAPCELL PAKは厳密な性能チェックの後出荷していますが、万一不良がありました場合は、お手数ですが弊社もしくは販売代理店までご連絡ください。お取替えします。
ただし、カラムの寿命に関する事項や前記取扱注意事項に従わずご使用された場合は、保証の責を負いかねますのでご了承願います。
商品は、お受け取り10日以上経過した場合、良品受領とさせていただきます。それ以降のお取替えはできかねますので、ご了承ください。

2008年10月1日
更新 2014年12月1日

ページの先頭へ戻る