製品紹介
HPLCカラム

カプセルパック C18 IF2

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

真の耐圧性を追求した
カプセルパックSub2μmカラム

高圧条件下での耐久性をご実感されたいあなたに、連用における耐久性とポリマーコート型充填剤ならではの塩基性化合物のシャープなピーク形状をお届けします。

高耐圧カラムを使用していて寿命が短いな…と思われたことはありませんか?
せっかくご使用いただく超高圧システムだから、カラムでもあなたにその性能を最大限に感じていただきたい。このような目標を掲げ、資生堂が開発に取り組んだSub2μmカラムがCAPCELL PAK C18 IF2です。

CAPCELL PAKの耐久性・ピーク形状に加え、正真正銘の100MPaの耐圧性能をあなたのお手元でご体感ください。

特長

極性化合物から疎水性化合物まで

C18カラムの中でも、十分な疎水性と中程度の表面極性を示すカラムです。極性化合物から疎水性化合物まで幅広くお使いいただけます。また、カプセルパックですので、充填剤表面のシラノールの影響を最小限に抑え、塩基性化合物のピーク形状も良好で、耐酸・耐アルカリにも優れるカラムです。あなたのUHPLCファーストチョイスカラムとして、是非、ご選択いただきたいカラムです。

資生堂カラムの疎水性と表面極性パラメーター

連用においての真の耐圧 100MPa

カラム耐圧は、ついついスペックの数値に着目してしまいます。でも、あなたが本当に必要とされている耐圧とは、高圧条件下における連用での耐久性ではないでしょうか?
実際のUHPLC/HPLC分析では、注入などの動作により少なからず圧力が変動します。そのため、実際に使用してみると「思っていたより寿命が短い…」といった現象になる可能性があると考え、私たちは、実際の連用における耐久性にこだわりました。

耐久性試験(70MPa)の結果

こちらには、70MPaで連用実験を行った結果を示します。初回のナフタレンの理論段数を100%とし、理論段数の変化を確認しました。いずれも耐圧スペックは70MPa以上のカラムです。実際の超高圧高速分析で活躍できる耐圧性能を持つカラムCAPCELL PAK C18 IF2をあなたにお届けします。

物性値

官能基 粒子径
(µm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 密度
(µmol/m2
使用pH
範囲
USP
オクタデシル基 2.2 8 480 15.5 1.5 2~9 L1

CAPCELL PAK C18 IF2はリターナブルカラム

資生堂では、資生堂アースケアプロジェクトの一環として、ご使用済みカラム管を活用した資源(ステンレス:SUS)リサイクルに取り組んでいます。CAPCELL PAK C18 IF2は、カラム管をSUS資源としてリサイクルできるリターナブルカラムです。カラムリターナーシステムの詳細につきましては弊社もしくは販売代理店までお問い合わせください。

資生堂アースケアプロジェクト ホームページ
ページの先頭へ戻る