製品紹介
HPLCカラム

カプセルパック C8 DD

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

耐酸・耐アルカリに優れた
ポリマーコート型C8カラム

C8カラムは耐久性とロット再現性が不安と思われていたあなたに、C8カラムでC18カラムと同等の耐酸・耐アルカリやロット再現性をお届けします。

C8カラムにもC18カラム並みの耐久性を

C8カラムは、C18カラムに比較しアルキル鎖が短いため、極性化合物の保持が大きく、疎水性化合物の保持が小さくなる傾向にあります。そのため

  1. イソクラティックでC18カラムでのグラジエントに似た分離パターンが得られる
  2. C18カラムに比べ全体的に分析時間を短縮できる

などのメリットが考えられますが、一方で、アルキル鎖が短くなることで、耐久性が劣る、ロット間差が大きくなる等のデメリットがありました。

もしかしたら、あなたがC8カラムに踏み切れなかった理由もこのようなところにあるかもしれません。 DDでは、ポリマーコート技術とC18基の導入技術の融合(特許申請済)によりC8カラムの耐酸・耐アルカリ性をC18カラム並みに向上させ、C18カラムと同等の製造管理を行うことでC18カラム並みのロット間差を実現しました。

「C8カラムは耐久性が劣って当たり前」というこれまでの常識を覆し、C18カラムと同様の感覚でご使用いただける新しいC8カラムです。

特長

C18カラムとは異なる充填剤表面のバランス

「CAPCELL PAK C8 DD:(Double Durability)」は基材シリカの選定、ポリマーコーティングの量及び種類、C8基の結合方法について様々な工夫の元に開発された耐酸性・耐アルカリ性に優れたC8カラムです。

C18カラムに比べ、表面極性が高く、疎水性が小さいため、特に、様々な疎水性を持つ混合物の短時間分析に最適です。

資生堂カラムの疎水性と表面極性パラメーター

極性化合物の保持は大きく、疎水性化合物の保持は小さく

C8 DDでは、官能基がオクチル(C8)基であるため、充填剤表面の疎水性と表面極性のバランスがC18カラムと大きく異なります。そのため、極性化合物の保持は大きく、疎水性化合物の保持は小さく溶出させることが可能です。

分析時間が長くて困ってしまう…そのようなあなたの分析を是非C8 DDカラムでお試しください。極性化合物の保持は大きく、疎水性化合物の保持は小さく、分析時間の短縮が可能かもしれません。

また、有機溶媒100%を移動相とする疎水性化合物の分析でも、C8 DDカラムでの分析時間短縮は有効です。

図1高極性カラムカプセルパックC18AQとの比較

図1 高極性カラムカプセルパックC18AQとの比較

移動相:
0.1% H3PO4,CH3OH/H2O=60/40
速度:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV220nm
試料:
①Caffeine ②Ethenzamide
③Bromovalerylurea ④Ibupurofen

閉じる

優れた耐酸・耐アルカリ性

C8 DDの使用可能pH範囲は、1.5~10です。
酸性における保持の減少はSi-C結合の切断により生じるといわれています。一般的に移動相に含まれる有機溶媒比率が高いほど影響を受けにくくなりますが、当社試験法では行き溶媒を含まないpH1の移動相を繰り返し1時間通液する過酷試験となっています。

また、アルカリ性による劣化は基材のシリカの加水分解によりシリカが溶け出すことにより生じるといわれています。当試験法はpH10の移動相を通液する方法で、非常に過酷な耐アルカリ性試験法です。

この試験法の結果から、C8 DDは、C18カラムと遜色のない結果が得られました。

図2耐酸性及び耐アルカリ性試験結果

図2 耐酸性及び耐アルカリ性試験結果

●耐酸性試験条件
移動相:
(A):2vol% TFA,H2O(pH1)
(B):2vol(pH1)% TFA,CH3CN
B 65%(20min)→0%(60min)→98%(5min)→65%(5min)
流速:
1.0mL/min
温度:
60℃
検出:
UV 254nm
試料:
ウラシル、アミルベンゼン
●耐アルカリ性試験条件
カラム:
4.6nm i.d.×150mm
移動相:
4mmol/L Na2B4O7 / CH3OH
=90/10(pH10.0)
流速:
1.0mL/min
温度:
50℃
検出:
UV 254nm
※通液20時間後のベンジンアルコール保持係数(k)の残存率(%)

閉じる

C18カラムと同等の製造管理

C8 DDでは、C18カラムと同等の製造管理を行い、ロット間差のばらつきも厳しくチェックしています。 C8基になることでより影響を受けやすくなるシラノール等の影響も事前に確認をしています。 C18カラム同様の耐久性を持ち、C18カラム同様に安心してご使用いただけるC8カラム、それがC8 DDカラムです。

図3ピリジン・フェノールの分析

図3 ピリジン・フェノール試験

カラム:
CAPCELL PAK C8 DD S5
4.6mm i.d.×150mm
移動相:
CH3CN/H2O=30/70
速度:
1.0mL/min
温度:
40℃
検出:
UV254nm
試料:
①ピリジン ②フェノール

閉じる

低圧を実現。だから、粒子径3μmで250mm長

CAPCELL PAK C8 DD では、低圧も実現。そのため、圧力が上がる粒子径3μmで250mm長もラインナップ。

C8カラムならではの分析時間短縮を実現したうえで、さらに高分離を追求できるラインナップです。C18カラムでどうしても分離が足りないその分析、C18カラムとは充填剤表面のバランスが異なるCAPCELL PAK C8 DD S3で試してみませんか?

図4カラム圧

図4 カラム圧

【HPLC条件】
カラムサイズ:
4.6mm i.d.×150mm
移動相:
H2O/CH3OH=50/50
流速:
1.0mL/min
温度:
40℃

閉じる

物性値

官能基 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 密度
(µmol/m2
使用pH
範囲
USP
オクチル基 3 8 300 11 3.8 1.5~10 L7
オクチル基 5 8 300 11 3.8 1.5~10 L7
ページの先頭へ戻る