製品紹介
HPLCカラム

カプセルパックC18 BB

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

カプセルパックの耐アルカリ性を徹底的に追及
アルカリ性条件で長くご使用いただけるカラム

カプセルパックの特長のひとつである耐アルカリ性をさらに強化しました。
アルカリ性移動相であなたの分析の可能性を大きく拡げたい!
そんな想いを込めて・・・カプセルパックC18 BB誕生です。

塩基性化合物をアルカリ性移動相で!

これまでに、塩基性化合物の分析で困られたご経験はありませんか?

塩基性化合物は、シラノールや金属不純物の影響を受けやすく、また、カラムに保持させることが難しいケースもあります。もしかしたら・・・「塩基性化合物は、HPLCで分析するには少し工夫が必要」とお感じになられているかもしれません。

資生堂では、これまでも塩基性化合物を指標に開発してきた製品が多くあります。例えば、塩基性化合物のピーク形状に着目しシラノールを徹底的に封鎖したMGIIタイプ、LC-MS分析における塩基性化合物の保持時間や再現性に着目しその原因を取り除くことで安定的なLC-MS分析を実現したMGIIIタイプ、また、塩基性化合物のLC-MSにおける高感度化に着目し保持させるときの移動相組成にこだわったCRタイプなど・・・さらには、キャリーオーバーの指標物質としてシステム、特にオートサンプラーの開発にも活用しています。

そして、これらのカラムやシステムは、おかげさまで世界中のHPLCユーザーさま、LC-MSユーザーさまにご愛用いただいております。

カプセルパックC18 BBは、そんな資生堂が、今回、塩基性化合物に注目し、開発しているカラムが"耐アルカリ性"をもっともっと向上させたカラムです。アルカリ性移動相での塩基性化合物分析を『カプセルパック』で実現していただきたい!

ぜひ、お試しください。

特長

優れた耐アルカリ性

『カプセルパック』で、有機シリカハイブリッドカラムを超える耐アルカリ性を実現しました。

現在の分析の耐久性を向上させたい!
これまでチャレンジしたことのないpHで分析してみたい!
もっともっと負荷量を増やしたい!
あなたの願いを叶えられるカラムです。

図1 耐アルカリ性過酷試験(pH11, 50℃)の結果

拡がるアナリティカルウィンドウ

イオン性化合物は、移動相に設定するpHによって保持時間が大きく変わります。

今回のカラムでは、アルカリ性移動相が使用できるため、塩基性化合物の保持が大きくなることはもちろん、酸性・中性・塩基性化合物の混合物の分析において、アナリティカルウィンドウを大きく拡げることができます。

塩基性化合物の保持を大きくして、他の成分との分離を実現してみませんか?

図2 酸性・中性・塩基性混合物の分析例

高負荷量サンプルの回収をシャープなピークで効率的に

効率のよい分取精製では、1回あたりの試料負荷量が大きいことはもちろん、ピーク形状や保持時間も重要なファクターです。あなたの大切なサンプルを「できるだけシャープなピークで、できるだけ早い溶出時間で、できるだけ高純度に」回収ができるカラムを目指しました。

あなたのサンプルも、あなたの時間も、どちらも大切にしたい。それを実現できるカラムです。

図3 負荷量試験の結果、図4 30 μL注入時のクロマトグラム

高耐圧カラム(50MPa)BB-Hもラインナップ

BBの特長をそのままに、50MPaまで耐圧を向上させたカラムです。
ハイスループット分析に、是非、ご活用いただきたいカラムです。

物性値

官能基 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 密度
(µmol/m2
使用pH
範囲
オクタデシル基 3 13 340 17 2.3 1~11
オクタデシル基 5 13 340 17 2.3 1~11

■CAPCELL PAK C18 BBはリターナブルカラム

資生堂では、資生堂アースケアプロジェクトの一環として、ご使用済みカラム管を活用した資源(ステンレス:SUS)リサイクルに取り組んでいます。BBは、カラム管をSUS資源としてリサイクルできるリターナブルカラムです。カラムリターナーシステムの詳細につきましては弊社もしくは販売代理店までお問い合わせください。

資生堂アースケアプロジェクト ホームページ
ページの先頭へ戻る