製品紹介
HPLCカラム

カプセルコアC18

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

HPLCでもUHPLCでも高分離分析を!
ポリマーコート型コアシェルカラム

HPLCでUHPLCのような高分離分析を実施したいと思われているあなたに、UHPLCでもっとシャープなピークを検出したいとお考えのあなたに、コアシェル基材とポリマーコートの相乗効果で耐久性が良好な高分離分析をお届けします。

UHPLCを導入するのは少しハードルが高い…でも、手元のHPLCで高分離分析は実施したい。
今、使用しているUHPLCのパフォーマンスを分離でも最大限に引き出したい。
HPLCでもUHPLCでも高分離分析にチャレンジするあなたに最適な1本です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

CAPCELL COREは、ポリマーコート型のコアシェルカラムです。直径1.7µmのコアを中心とした0.5µmのポーラスシリカ層を持つ粒子径2.7µmのコアシェル型充填剤です。CAPCELL COREは、UHPLCはもちろんHPLCでの高分離分析を実現します。

特長

十分な疎水性でコアシェルの効果を発揮

CAPCELL COREは、コアシェル基材の表面をポリマーでコートすることにより、基材由来のシラノールなどの影響を最小限に抑えたカラムです。CAPCELL CORE C18は、コアシェルの独特な構造によりもたらされる高分離という性能を十分に発揮できるような充填剤表面のバランス設計を目指しました。十分な疎水性でコアシェルならではの高分離分析を実現します。

資生堂カラムの疎水性と表面極性パラメーター

コアシェルだから低圧で高分離

充填剤の粒子径が小さくなるほど理論段数が大きくなる傾向にありますが、粒子径が小さければ小さいほど圧力が上昇するというデメリットが生じます。一方、CAPCELL COREはコアシェル型充填剤という構造特性から、測定時の圧力を抑え、フルポーラスのSub2µmと同等の分離能を示します。CAPCELL COREは、HPLCでの高分離分析にも最適なカラムです。

粒子径による圧力損失と理論段数

フルポーラスからの移行も簡単!

現状と同等の分離を得るためには、フルポーラス5μmの250mm長からはCAPCELL CORE C18の100mm長、フルポーラス3μmの100mm長からはCAPCELL CORE C18の75mm長を一つの目安として移行をしていただくことができます。

さらに、CAPCELL COREで分離能を向上させるためには、流速を早めに設定する、あるいは、長めのCAPCELL COREカラムを選択します。 また、コアシェルカラムでは、分析におけるバンド拡散が抑えられることで高分離が実現されますので、思ったような効果が得られない場合には、装置配管の内径を変更する等システムデッドボリュームを見直すことで本来のコアシェルカラムの効果が得られることもあります。

図1脂溶性ビタミンの分析例

図1 脂溶性ビタミンの分析例

閉じる

図2風邪薬の分析例

風邪薬の分析例

閉じる

ポリマーコートで優れた耐酸・耐アルカリ

CAPCELL CORE C18は充填剤表面をポリマーでコーティングしているため、耐酸・耐アルカリに優れた充填剤となっております。

耐酸・耐アルカリ

物性値

官能基 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 密度
(µmol/m2
使用pH
範囲
USP
オクタデシル基 2.7 9 150 7 2.9 1.5~10 L1

CAPCELL COREシリーズはリターナブルカラム

資生堂では、資生堂アースケアプロジェクトの一環として、ご使用済みカラム管を活用した資源(ステンレス:SUS)リサイクルに取り組んでいます。CAPCELL COREシリーズは、カラム管をSUS資源としてリサイクルできるリターナブルカラムです。カラムリターナーシステムの詳細につきましては弊社もしくは販売代理店までお問い合わせください。

資生堂アースケアプロジェクト ホームページ
ページの先頭へ戻る