製品紹介
HPLCカラム

カプセルコアADME

  • 概要
  • 価格表
  • 取扱説明書

C18とは異なる分離特性
セカンドチョイスとしてのコアシェルカラム

C18カラムの高分離分析にお悩みのあなたに、
新しい官能基ADMEによる新しい分離パターンを高分離でお届けします。

UHPLCを導入するのは少しハードルが高い…でも、手元のHPLCで高分離分析は実施したい。
今、使用しているUHPLCのパフォーマンスを分離でも最大限に引き出したい。
そして、C18カラムでうまく保持できない化合物、何とかして逆相モードで分析したい。

HPLCでもUHPLCでも、CAPCELL CORE ADMEは、高極性化合物を含む高分離分析にチャレンジするあなたに最適な1本です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

CAPCELL COREは、ポリマーコート型のコアシェルカラムです。直径1.7µmのコアを中心とした0.5µmのポーラスシリカ層を持つ粒子径2.7µmのコアシェル型充填剤です。CAPCELL COREは、UHPLCはもちろんHPLCでの高分離分析を実現します。

特長

これまでにはない表面極性で高極性化合物をしっかり保持・分離

CAPCELL CORE ADMEは、アダマンチル基を官能基とするポリマーコート型コアシェルカラムです。直鎖状炭素鎖とは異なる充填剤表面のキャラクタリゼーションが独特の分離を実現します。通常のC18カラムでは保持が小さい高極性化合物の保持が大きくなることが確認されています。

まったく新しいこの官能基、どのようにご活用いただくかはあなた次第です。これまで保持できず困っていた化合物、どうしても分離ができず諦めかけていた分析へぜひご適用ください。ご使用になられたご感想をお待ちしております。 CAPCELL CORE ADMEでこれまでにはない分離をご体感ください!

資生堂カラムの疎水性と表面極性パラメーター

高極性化合物の保持・分離が良好

CAPCELL CORE ADMEは、アダマンチル基が作り出す独特の表面キャラクタリゼーションにより、類稀なアナリティカルウィンドウを持ち、極性化合物から疎水性化合物まで良好な分離を示します。 また、コアシェル型充填剤という構造特性から測定時圧力を抑えた高分離を実現し、UHPLCはもちろんHPLCへの適用も可能です。

三環系抗うつ薬とその代謝物の分析

物性値

官能基 粒子径
(μm)
細孔径
(nm)
比表面積
(m2/g)
C% 使用pH
範囲
アダマンチル基 2.7 9 150 5.5 2~9

CAPCELL COREシリーズはリターナブルカラム

資生堂では、資生堂アースケアプロジェクトの一環として、ご使用済みカラム管を活用した資源(ステンレス:SUS)リサイクルに取り組んでいます。CAPCELL COREシリーズは、カラム管をSUS資源としてリサイクルできるリターナブルカラムです。カラムリターナーシステムの詳細につきましては弊社もしくは販売代理店までお問い合わせください。

資生堂アースケアプロジェクト ホームページ

私どものWEB SITEにお越しいただき、ありがとうございます。

今、ご覧の製品につきまして、あなただけにお届けしたいアプリケーションなどの情報をご用意しております。
ご希望の場合は、恐れ入りますが下の資料請求ボタンよりご連絡ください。

ページの先頭へ戻る